スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超融合を見に行きたいのだが…

近くでやってるトコが無いぃぃぃぃッ!!



去年は受験だったから見に行けなかったんだよ~。

『今回こそは!!』と思っているのだが、見に行く暇がないという…















さて、今回は前々から考えていたSinデッキを紹介してみようかな、と。

動けば【真六武衆】も止めるデッキだぞ!!















【次元スキドレSin】


青眼の白龍 ×3

Sin 青眼の白龍 ×3

Sin サイバー・エンド・ドラゴン ×3

Sin スターダスト・ドラゴン ×3

Sin トゥルース・ドラゴン ×2

神獣王バルバロス ×2





Sin World ×3

テラ・フォーミング ×2

魔法都市エンディミオン ×2

強欲で謙虚な壺 ×3

次元の裂け目 ×3

D・D・R ×2

打ち出の小槌 ×2




スキルドレイン ×3

Sin Claw Stream ×2

聖なるバリア ミラーフォース ×1

激流葬 ×1





EX:


スタダ ×3

サイバー・エンド・ドラゴン ×3

















考えたあげく達した結論はパラドックスもビックリなメタデッキに。

だってSinってスキドレとか次元系のカードとかと相性いいんだもん。







主な動きは『Sin World』でモンスターをサーチしまくり、スキドレや裂け目を張りつつ殴っていく、という感じ。

当然の事ながらそれらが無いとどうしようもないけど、まあ、大体初手から動いていけると思う。








『Sin パラレルギア』や『Sin パラドクス・ドラゴン』を採用しなかったのは、あまりにも出る機会が
なく、しかも出たところでそんなに強いワケでもなかったから。

打点ならサイバーエンドでいいんだから。















●魔法都市エンディミオン


破壊耐性の高いフィールド魔法なので採用した。

魔力カウンターが乗っていれば、サイクロンを何発打たれようが破壊されない。




場面場面でSin Worldと使い分けよう。










●強欲で謙虚な壺


出来るだけ早くパーツを集めたいので、初手に来たらデメリット無視で使おう。

バルバロスがいればデメリットも関係なしだけど。









●打ち出の小槌


手札に来たからといってすぐに使ってはいけない。

青眼の白龍が来てしまったときに使うべし。










●D・D・R


除外した青眼の白龍帰還用。









●Sin Claw Stream


本来なら奈落にしておきたかったのだが、こちらの方が自由度が高いので採用。

要所要所で打つのも良し、最後の詰めに打つのも良し。















基本形態はこんな感じだけど、場面でサイクロン等と入れ替えたりするのもいいかも。








ちなみに、このデッキの天敵は『ハリケーン』である。

破壊ではないのでエンディミオンも無意味。スキドレとフィールド魔法がある状態でも、サイクロンでは出来ない芸当をやってしまう。







とにかく、それを打たれると『大嵐』を打たれるよりも酷いことになりかねないので注意!!








スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

nowest103

Author:nowest103
私のブログにようこそ!!

どうぞごゆっくり。



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。